誰でもわかる利用方法!

カードローンの審査で確認される事

カードローンを申し込んだ時に確認されるのは収入と過去と現在の借入です。収入について収入に関しては会社員なのか個人事業主なのかなど額だけでなく、職業の内容に関しても調べられます。個人事業主の場合は収入を証明できる書類の提出を求められたり、会社員の場合は所属先に本当に在籍しているのか確認を取ります。
申し込んだ時の収入額と他社からの借入や過去に債務不履行がないかを調べて総合的に判断して融資の限度額が決定していきます。金融機関によって審査の基準は違うので、同じ人が同じ時期に複数の金融機関でカードローンを申し込んでも限度額はそれぞれ異なります。過去の金融事故の記録に関しては金融機関が情報共有しているので、利用した事がない金融機関でも情報を把握しています。

金融機関の在籍確認の方法

カードローンを申し込んだ人が会社員や団体職員だと勤務先に本当に在籍しているか金融機関は確認します。金融機関としては融資する相手が本当に申告通りに収入を得ている人か確認しないといけないので、在籍確認は欠かせません。
在籍確認は通常は電話で行われるので、利用者からすると職場にカードローンを利用するのを知られたくないと感じる人も少なくありません。しかし金融機関は在籍確認時に金融機関の名前は出しませんし、要件は審査の在籍確認だという事を知られないようにするので職場にカードローンを利用する事を知られる心配はありません。
それでも普段電話がかかってくる事がない為に怪しまれるのが嫌な場合は事情を説明すると社員証や給与明細の提出で対応してくれる金融機関も一部存在します。